植物工場について

This is an example of a HTML caption with a link.

消費者の視点に立った安心栽培・衛生管理・栽培確認・情報公開を基本に、水耕・養液栽培の技術を駆使し、 環境条件をコントロールし、無農薬・清潔・新鮮・高付加価値な野菜(ベビーリーフ)を生産しています。 また、革新的な技術を総合的に活用し、季節や天候、場所に左右されず 計画的で効率的・低コストの生産を行う安心野菜の植物工場を運営しています。

生産方法

プラスチック容器にスポンジなどを入れて畑の土の代わりに、蛍光灯の光が太陽の代わりになります。 張り巡らせたパイプを通じて機械制御で溶液を供給し、環境条件をコントロールしながら野菜の栽培を行っています。

温度や光の当て方、溶液の供給方法などで試行錯誤を繰り返し、約3週間で無農薬野菜を安定的に栽培する独自の仕組みを構築しました。

栽培品種

  • ルッコラ
  • グリーンマスタード
  • フリルマスタード
  • スイスチャード
  • レタス(緑サンゴ、紅サンゴ)
  • 大阪しろな
  • バジル
  • レッドオゼイユ

など、市場に出回らない珍しいハーブも栽培しています。

特徴

  • 収量や質が天候に左右されないため、生産の安定性・計画性が向上し、価格が安定する。
  • 品質が安定し、無農薬栽培が可能になる。
  • クリーンルームでの栽培なので害虫や病気の侵入を防ぐことができるので、農薬は無用。
    作業の軽減や時間の短縮にも繋がる。
  • 現在の農業では、約90%の水は土に流れてしまうが、野菜工場では水は30から40%は野菜に吸収され、水の供給が限られている場所では理想的である。
  • 農繁期、農閑期がないため、就労時間が安定する。
  • 高齢化社会や雇用不安の問題も解決する可能性がある。
    植物工場は屋外で肉体労働をする農業と違い、作業が簡単で高齢者や障害者でも仕事ができる。
  • 芽が何本も出てくるので、繰り返し収穫することが出来るのもベビーリーフ栽培の特徴です。